在院生の声

神澤 晶子さん

プロフィール

  • 2019年[春]入学

神澤晶子さん

大学院進学への後悔は一切なし
受験だけでは得られなかった貴重な交流

LEC会計大学院への入学当初、同じ学生とはいえ年齢も様々で、女性も少なく学生同士の交流は期待できないと思っていました。しかし徐々に交流が深まり、今では学生同士でのおしゃべりや、授業後の飲み会が何よりもの楽しみとなっています。(今の時期はオンラインですが・・・)

仕事と大学院生活の両立は、はっきり言ってかなり大変です。特に繁忙期は、日々の論文に加えテストやレポートの準備等、休む間もなくへとへとでした。論文指導は毎週草稿の提出が必要なので、早朝や深夜に何とか少しずつ書き進めていくことも多いです。しかし厳しい期限が設定されることで毎回の目標が明確になり、一歩一歩着実に進んでいる実感があります。
論文指導は主査・構成・ライティングの3名の先生に担当して頂けます。私は卒論以外書いたことがなく初心者レベルで心配でしたが、何とか書き進められているのも、先生方に毎回的確なアドバイスをして頂いているおかげです。

税理士を目指す以上、できれば5科目合格を目指したいという気持ちは皆さん強いと思います。しかし私は大学院を選択したことに対して後悔は一切ありません。大学院は逃げ道でラクでしょう、と言われることもあるかもしれませんが、税理士試験とはまた異なる辛さがあり、これは経験した人にしかわからないことなので、全く気にする必要はないと思います。何よりも税理士試験では得ることができない人間関係を構築できたことが一番の収穫です。LEC会計大学院への進学は勇気のいる決断だと思いますが、きっと後悔のない決断になると思います。