在院生の声

土屋 さおりさん

プロフィール

  • 2018年[春]入学

土屋さおりさん

説明会に参加した勢いそのままで入学
その決断は間違っていなかった

働きながら税理士試験合格を目指していましたが、受験が長期化しモチベーションが保てなくなっていました。そんな時、LEC会計大学院のことを知り、軽い気持ちで説明会に参加しました。そこで免除認定の実績、論文の指導体制、働きながら学べる履修システム等を知り、ここでなら目標に近づける、自分にもできるのではないかと思い、受験することを決めました。説明会に参加した勢いそのままで入学してしまった感がありますが、今はそれが間違いではなかったと実感しています。

短大国文科卒の私が会計大学院の専門的な授業についていけるか不安でしたが、不安よりも新しい知識を得る喜びが勝っていました。業務においても、日常多く関わる項目に偏りがちだった知識が広がり、さらに深まり、大学院でも仕事でも充実した毎日が過ごせています。

それでも仕事と大学院の両立は予想以上に大変な上、遠方からの通学のため、心身共に疲労を感じる時もあります。でもこの生活が永遠に続くわけではなく、自分自身が努力すれば2年で終わります。2年程度頑張れないのであれば、資格取得後の困難に立ち向かえるはずはなく、ここで頑張れたら大抵のことは乗り越えられるという気持ちで日々頑張っています。