在院生の声

五味 清長さん

プロフィール

  • 2014年[秋]入学

五味清長さん

社会人のために整備された教育プログラムと授業環境

私は家業の不動産屋を継ぐ形で独立し、不動産業務を遂行する上で税務の知識が必要不可欠であることから税理士に興味を持ち、税理士試験に挑戦しています。税理士試験を受験しながら感じたことは、受験勉強と実務の違いについてです。試験に合格するための勉強も勿論大事ですが、実務家として活動するためには、実務に直結できる知識を学びたいと思い、大学院に関心を持つようになりました。
LEC会計大学院を選んだ理由としては、教育プログラムと授業環境が社会人のために整備されていることと、何より修士論文の指導体制が充実しており、税理士試験一部科目免除の実績が高いことがあげられます。実際に入学してみて、想像通り仕事と大学院との両立の大変さを実感しましたが、授業DVDレンタル、メール・Webを駆使したフォロー制度に助けられ、今では楽しく大学院生活を送っています。授業も税法や財務会計だけでなく、経営、管理会計、監査、法律と幅広く学ぶことができるため、今まで会計税務分野の点として捉えていたことが、経営を踏まえて考えられるようになり、実務にも直結しています。教授と学生との距離が近く、質問しやすいのも特徴の一つです。

将来ビジョンを語り合い切磋琢磨できる仲間達との出会い

そして、自分にとって最も大きな収穫は、一緒に勉強する『仲間』 と出会えたことです。皆同じような境遇で同じ目標に向かって頑張っており、実務的な相談はもちろんのこと、将来ビジョンを語り合って切磋琢磨できる仲間達にはいつも刺激を受けています。きっとここで出会った仲間達とは、修了後もずっと色々な意味で助け合える貴重な存在となるでしょう。