在院生の声

藤村 直樹さん

プロフィール

  • 2014年[秋]入学

藤村直樹さん

税務未経験で大学院へ

学生時代に税理士試験を受験していましたが、当時は一部科目合格をしたのみで一般企業の経理に就職しました。経理業務に必要な知識を得る為に税理士講座も受講しましたが、転勤や出張・懇親等で勉強から遠のく日が続き、仕事と学業の両立の難しさを痛感しました。一般企業の経理といっても、海外や関連グループ会社などがある中での一部の業務しか携われず現場との距離を感じることもあり、やはり現場で顧客に直接提案できる仕事がしたいと奮起し、再び税理士を目指すようになりました。ただ、受験勉強で身につく税法知識だけでは実務には対応しきれないのではないかという不安があり、逆に実務経験を積めば税法知識もついてくると考え、会計専門職業人の養成を第一としかつ税理士試験一部科目免除認定の実績を耳にしていたLEC会計大学院に進学しました。

基礎スキルを充実させ、さらにそれを活かせるスキルを学ぶ

これまで履修した科目の中で、非常に興味深かった科目の1つは、監査手続論です。前職では監査業務も担当していましたが、すでにそこでは内部統制が精密に行われていました。そのため、統制とはほぼ完全に行われているのが当たり前という認識でした。しかし講義事例は中小企業が対象とされており、自分の当り前・常識が他の認識とは相違する事を強く感じました。LEC会計大学院の講義は一から知識を学ぶ事ができるので、おろそかになりがちな基礎を固め、知識を発展させていくことができます。
もう1つはマネジメント・シミュレーションです。私は現在、税理士事務所に勤務しておりますが、最低限必要となるのがPCスキルです。この講義では複数人でペアを組み1つの企業を経営し、最後に報告会を行います。経営指標や評価指標の考え方を学び、発言力を養うことが主ですが、短時間で意見交換・予定実績把握・予算入力を行う必要があるため、必然的に効率性を追求し、エクセル・マクロ等のPCスキルが磨かれます。
社会人が限られた時間内に成果を出す為には、「何を優先し、何を学び、どう判断し、どう実行するか」が大切だと思います。基礎知識を充実させ、それを活かせるスキルを学べるこれらの講義は、自分の自信にも繋がる良い講義だと思いました。

税法知識の素人でもどんどん税法脳に変わっていく修士論文指導

まず、論文はもとより税法知識も素人な自分でも、論文テーマを決定できたことに驚きました。
論文テーマの決定までには、毎週講義前までに読んだ参考文献に対し感じた疑問を先生にぶつけることから始まります。当然、知識が乏しいため稚拙な疑問ばかりです。ですが疑問を解決していくことで理解も広がり、また自分の持つ疑問に偏りがあることに気づきます。疑問(ここまでくると興味)が絞れてくると、論文として成立しうる論点かどうかも考慮できるようになり、判例や参考文献の読解も早まり、どんどん税法脳に変わっていくのが実感できます。
調べては読みの繰返しですが、担当の先生から道筋をしっかり照らしてもらえるので、徐々に自分が進むべき道も明確にしてもらえます。
現在は数百ある参考文献や訴訟事例の読解と論点整理、また得た知識を文章化する事の難しさに頭を悩ませているところです。しかし少しずつ文章が精査できるようになると、自分なりの解釈もでき、理解も深まります。人それぞれ疑問やこだわりは違うので、論文に自分の色が出てきます。解釈が違えばすぐに先生からの指摘が入るので、誤った道に行く心配もありません。
LEC会計大学院の修士論文作成の過程では、マイルストーンにより2年間のカリキュラムがしっかり組まれており、修士論文作成に特化した指導体制も充実しています。この環境でやり遂げられなければどこに行っても論文は書けないだろうと思います。
会計実務家を目指すのであればLEC会計大学院が一番近道です。