在院生の声

友田 琢己さん

プロフィール

  • 2016年[秋]入学

友田琢己さん

免除認定実績を裏づける
堅牢な論文指導体系と、豊富なノウハウの蓄積

LEC会計大学院入学前、私は他の専門職大学院で税法科目修士論文を作成し、修了後、会計科目修士論文の作成を目的にLEC会計大学院に入学しました。入学して驚いたのは、明らかに他の大学院より論文指導の体系がしっかりと構築されており、ノウハウも蓄積されていたということです。これは数年に渡り、指導に関わる先生方が中心となって、大学院一体で組織的に試行錯誤を繰り返してきた賜物であると感じています。税理士試験一部科目免除申請を想定した修士論文の作成とそれに向けての体系的な指導体制を前面に打ち出しているLEC会計大学院ならではの魅力がここにあります。
とはいえ、単に税理士資格取得をゴールとするのではなく、税理士資格取得後を見据えた知識と実践力を養成する、という教育目的がカリキュラムの中で見て取れます。履修科目は税法一辺倒ではなく、管理会計、経営学、会社法など、これからの税理士に求められるコンサルティング力にプラスになる基礎的分野を網羅しており、実務家の先生方から実例を交えたお話をお聞きする中で、最先端の知識と知恵を学ぶ機会があります。
可処分時間の限られる社会人にとって、受験による合格は困難を極めます。私の場合、先の見えない受験に投資することはこれ以上難しいと考え、大学院への進学を決めました。大学院での学びは、自分の努力が確実に自分の元へ戻ってくるものです。