コース・カリキュラム

税法2科目免除申請対応
税法コース

特色

  • 幅広い学問領域(会計・法律・監査・経営・ファイナンス・IT・英語)を履修することで、職業会計人としての多面的な基礎知識を身につける。
  • 税法科目のほとんどが必修指定。税法の体系的理解と論理的思考を身につけ、深い専門的知識を獲得する。
  • 修士論文の作成は「租税法研究指導」にてコンスタントな取り組みが求められる。免除認定に相応しいレベルと質を兼ね備えた論文の完成を目指す。

修了要件

領域・系列 全体 財務会計系 管理会計系 監査系 経営・ファイナンス系 法律系
修了必要単位数 2単位 6単位 2単位 4単位 4単位 14単位

上記32単位の他、以下の必要単位数を修得しなければなりません。

租税法研究指導 8単位
全領域から任意選択 4単位以上

合計44単位以上

税理士試験[税法科目免除申請]

所要の単位を修得し、かつ、作成した税法科目の修士論文が本学の学位論文審査にて合格した修了生は、税理士試験の税法に属する科目2科目免除に向けての研究認定申請が可能になります。

税法科目免除申請図