教育プログラム

履修システム

時間に限りのある社会人に対応

授業は全て平日夜間と土日に配置 平日の授業スタートは19:30〜

授業は以下の実施コマに配置され、半期ごとに自身で履修する科目を選択して申請をします。通学は「土日中心」で適宜必要に応じて平日の履修を選択する、というイメージです。なお、半期で申請できる単位数の上限は18単位(2単位科目の場合は9科目に相当)となります。

2年間の通学イメージ

例えば会計事務所の繁忙期[2月〜3月]は授業実施なし

多くの会計事務所・税理士事務所が繁忙期となる2月〜3月は、ちょうど後期期末試験が終了し、通常授業の実施されない春期休暇期間となります。

クラウド型の情報共有

主にコラボレーションツール[サイボウズLive]を活用し、科目履修者であればいつでもどこでもアクセスできるWebサイトを通じて、毎回の授業で使用するレジュメデータの配信・教員からの事前指示や授業後の追補情報の共有などが行われています。学生の多くは自身のノートPCやタブレットを持参し、適宜レジュメデータを参照しながら授業を履修しています。

授業DVDレンタル

ゼミ形式以外の科目は概ね授業の収録を行っていますので、授業の補完にご活用下さい。欠席時の資料はクラウド経由で共有されますのでタイムラグなく入手できます。

専用メールアドレスを付与 連絡はメール・Webにて確認

入学後、学生固有のメールアドレスが付与され、事務局や教員との連絡はすべてそのメールアドレスを使い行ないます。また学生全体に発信する事務局連絡は学生専用サイトのWeb掲示板にアップされ、その情報は同時にメールにも送信されますので、校舎に足を運ばずにリアルタイムで確認できます。

最長4年の計画履修が可能になる長期履修学生制度

仕事や家庭との両立をはかる中で、標準修業年限2年での学修が難しい場合、申請により、最長4年までの計画履修が可能になります。当制度の利用を希望する場合には、入学試験出願時に申請することが必要です。授業料は適用期間が3年以上となっても、2年分(200万円)で据え置き。(教育充実費(20万円)は年度毎の納入が必要)適用可となった場合には、適用期間に合わせて授業料を分割納入することが可能です。

申請資格
  • 在職者(臨時雇用を含む。)であって、著しく学習時間の制約を受ける者
  • 家事、育児、介護等に従事している者であって、著しく学習時間の制約を受ける者
  • その他、研究科において長期履修学生制度を利用する相当の理由があると認める者
履修申請期間
  • 修了年限2年以上の半期(2.5年)〜最長在籍期間(4年)の間で申請
履修上限単位
  • 履修期間により履修上限単位に制限有り
許可された期間を短縮する場合
  • 修了する1年前の履修登録期限までに申請が可能
  • 短縮申請は1回限り
  • 履修期間の延長申請不可

正規授業を1科目から学べる科目等履修生・聴講生制度

自己の専門性を高めたい、興味のある分野をピンポイントで学びたい、そのような希望を持つ社会人のための制度です。
授業科目の前期後期開講に合わせて、年に2回、募集のタイミングがあります。

科目等履修生
正規学生と同様に授業に出席し、単位認定試験等を経て単位の修得ができるのが科目等履修生です。もし翌年度以降に正規入学した場合には、ここでの修得単位を、正規入学後の単位として振替申請をすることが可能です。
聴講生
単位認定はされませんが、正規学生と同様に授業に出席することができます。