コース・カリキュラム

会計1科目免除申請対応
会計コース[会計論文特化モデル]

特色

  • 幅広い学問領域(会計・法律・監査・経営・ファイナンス・IT・英語)を履修することで、職業会計人としての多面的な基礎知識を身につける。
  • 修士論文の作成は「会計学研究指導」にてコンスタントな取り組みが求められる。免除認定に相応しいレベルと質を兼ね備えた論文の完成を目指す。
  • 修士論文における研究分野は〈税務会計〉または〈財務分析〉。〈財務分析〉の論文は、最短1年での完成を目指し指導を行う。

修了要件

領域・系列 全体 財務会計系 管理会計系 監査系 経営・ファイナンス系 法律系
修了必要単位数 2単位 8単位 2単位 4単位 4単位 8単位

上記28単位の他、以下の必要単位数を修得しなければなりません。

会計学研究指導 4単位
全領域から任意選択 12単位以上

合計44単位以上

税理士試験[会計科目免除申請]

所要の単位を修得し、かつ、作成した会計科目の修士論文が本学の学位論文審査にて合格した修了生は、税理士試験の会計に属する科目1科目免除に向けての研究認定申請が可能になります。

  • ※国税審議会での審査の結果、不認定となった場合には申請科目の試験免除にはなりません。
  • ※税理士試験受験による会計1科目の合格は、大学院入学や修了の前後を問いません。
会計科目免除申請図