履修システム

2年間の通学イメージ

2019年度入学生より本学の修了要件単位数は40単位以上に変更となります。設置科目の大部分が2単位のため、2年間同じペースで履修する場合、半期で10単位ずつ、科目数では半期で5科目ずつのペースで履修することが、まず基準となります。
平日夜と土日の両方に設置のある科目や、前期・後期両方に設置のある科目もありますので、ご自身の状況に合わせて、適宜、プランニングすることが可能です。
なお修士論文指導(租税法研究指導・会計学研究指導)は、土日に設置され、各自の進捗に合わせ、半期毎に出席する枠が指定されます。

税法コース(4月入学)の場合の一例

<1年次前期(4月〜7月末)>
 
1限              
2限              
3限             会計制度Ⅰ
4限              
5限           管理会計論Ⅰ 租税法
6限       職業倫理   租税法研究指導
(プレ序論クラス)
税法会計
<1年次後期(10月〜2月初旬)>
 
1限              
2限              
3限             会計制度Ⅱ
4限             租税法研究指導
(序論本論クラス)
5限           管理会計論Ⅱ 所得税法
6限 経営学   法人税法        
<2年次前期(4月〜7月末)>
 
1限             国際租税法
2限             財務会計論
3限             租税法研究指導
(プレ結論クラス)
4限              
5限              
6限       ファイナンス論      
<2年次後期(10月〜2月初旬)>
 
1限              
2限           ITリテラシーⅠ  
3限           租税法研究指導
(完成クラス)
 
4限           企業法Ⅰ  
5限              
6限 租税法
事例研究
           

注1)太字の科目は必ず履修しなければならない科目です。細字の科目は自由選択の科目で、一例としてピックアップしています。
注2)半期履修申請上限単位数16単位・年間修得上限単位数30単位・修了要件単位数40単位(2019年度より)
注3)ここに示した通学イメージは、2019年度時間割を元に新設科目を仮に配置した上で作成しています。時間割は変更になる場合があります。