LEC会計大学院

教育プログラム

LEC会計大学院で学ぶ意義

税理士試験一部科目免除申請に対応
これまでの免除申請者は全員免除認定の実績
徹底した指導体制の下、修士論文を作成する強み

論理に矛盾はないか、根拠の裏付けはあるか、わかりやすく伝えているか―税理士試験一部科目免除申請を想定し、第三者の審査に耐えうる質の高い修士論文を、効率よくシステマティックに作成することを目標とした指導体制の下、徹底して調べる力、論理を構築する力、簡潔にわかりやすく表現できる力を磨きあげる。

幅広い領域の科目を学べる強み

財務会計・管理会計・監査・経営・金融・法律etc 知識の幅の広さが、経営指導・コンサルにおける対応力の差となる。

実務家教員中心で実践的授業が展開される強み

公認会計士・税理士・弁護士などの実務家教員が中心となり、自らの経験で培ってきた知識と実務における機微を直接授業に反映。実務の現場でそれぞれ経験を積んできた学生と熟練の実務家との活発な議論が、既存の思い込みにとらわれない柔軟な判断力の構築につながる。

教育プログラム一覧

履修システムページへ
履修システム
仕事との両立を想定した社会人のためのシステム
コース・カリキュラムページへ
コース・カリキュラム
志向に合わせて選ぶ2コース3モデル
戦略的修士論文指導体制ページへ
戦略的修士論文指導体制
税理士試験一部科目免除申請を想定