教員紹介

山本 宣明  -YAMAMOTO NOBUAKI-

教務部長

山本 宣明 (やまもと・のぶあき)

専任教授/博士(経営学)

担当科目 管理会計論/原価計算論/マネジメント・シミュレーション/
会計学研究指導(専門指導)
山本宣明

略歴

青山学院大学大学院経営学研究科博士後期課程修了。博士(経営学)。LEC会計大学院助教、講師、准教授を経て現職。マネジメント・コントロール・システムの観点から管理会計の研究を行っている。

著書・論文

「事後最適分析による予算管理の展開−全体最適の差異分析に向けて−」「オブジェクト指向原価計算の意義と可能性」「DRG時代の医療原価計算に関する一研究」「我が国大規模病院の業績評価システムと自律性に関する実証分析」「キャッシュ・コンバージョン・サイクルと原価計算」「医療原価計算のフロンティア(1)(2)」「原価計算基準(仮案)に見る中西寅雄の原価計算思想」など

学生へのメッセージ

会計は事業の言語と呼ばれています。その本当の意味を分かるには、現実の事象を前提に論理的思考力を徹底的に鍛えることが必要です。そのため、本会計大学院は様々な工夫をカリキュラムの中で行っています。単なる知識は簡単に陳腐化してしまいます。事業の言語でコミュニケーションできる能力を本会計大学院で養って下さい。