教員紹介

高田 博行  -TAKADA HIROYUKI-

高田 博行 (たかだ・ひろゆき)

特任教授/公認会計士・税理士

担当科目 財務会計事例研究
高田博行

略歴

東京大学経済学部経営学科卒業。大手監査法人を経て開業。外資系インベストメントバンクの内部監査業務、外資系金融法人の監査役を経験。現在、高田公認会計士事務所代表、東京都港区公金管理アドバイザー、財務省独立行政法人評価委員会臨時委員、国土交通省独立行政法人評価委員会臨時委員、日本公認会計士協会租税調査会副委員長(元)、同協会学術賞審査委員(元)、公認会計士第3次試験委員(元)。

著書・論文

「米国・EUにおける会計・監査制度の改革と我が国への影響」、「公認会計士の目から見た企業防衛」、「実務家から見た時価会計導入のメリット・デメリット」、「証券市場基盤整備のための税制改革」、「法律家と会計士が語る内部統制の勘所.資本市場から見放されないために.」、「会計プロフェッションの一考察」、「国際会計基準の概要.実務家の視点から.」、「IFRSの求めるコペルニクス的転回(経営者視点から投資者・債権者視点へ)」

学生へのメッセージ

本会計大学院は、会計的思考能力、理論的かつ実務的な分析力、判断力、論述力、倫理観、公共性など、職業会計人のように考え、かつ、行動するのに必要と考えられる素養を身に付ける場を提供し、以って職業会計人たらんとする皆さんの自助努力を支援します。