教員紹介

嶋矢 剛  -SHIMAYA TSUYOSHI-

嶋矢 剛 (しまや・つよし)

客員教授/公認会計士・税理士

担当科目 監査論/監査事例研究/職業倫理
嶋矢剛

略歴

東京都市大学工学部卒業。公認会計士試験合格後、新日本有限責任監査法人にて上場会社の法定監査業務を中心に、公開準備支援、独立行政法人化支援、会計システム導入支援、IFRS導入支援、品質管理等の各種業務に従事。現在、嶋矢公認会計士事務所代表、川崎幸UFT税理士綜合事務所代表、リンクス有限責任監査法人社員、日本公認会計士協会神奈川県会幹事、日本公認会計士協会本部総務委員会委員(元)、日本公認会計士協会東京会調査研究部IT委員会委員(元)、箱根町新財源確保有識者会議委員(元)。

著書・論文

『Q&Aわかりやすい最新独立行政法人の実務―制度・会計・監査・税務等の要点(新日本監査法人公会計本部編)』(ぎょうせい、共著)、『包括利益計算書における『組替調整』の実務』(中央経済社、単著)

学生へのメッセージ

今、会計の世界では、グローバル化の議論や財務報告のあり方の議論など、従来の実務の枠組みを見直す議論が活発になされています。当会計大学院での授業を通じてそのような最新の議論を理解することは、ご自身の会計的知見を深化させることに役立ち、ひいては、今後、職業的会計人として活躍される上での財産になるものと考えます。