教員紹介

南 繁樹  -MINAMI SHIGEKI-

南 繁樹 (みなみ・しげき)

客員教授/弁護士

担当科目 租税法事例研究/ファイナンス事例研究
南繁樹

略歴

1994年東京大学法学部卒業。1997年東京弁護士会登録。長島・大野・常松法律事務所パートナー。2002年・2003年 New York University School of Law卒業(会社法及び税法修士)。2006年、2008年及び2009年 東京大学法学部非常勤講師(民法基礎演習)、2010年から東京大学法学部非常勤講師(法と経済学)。

著書・論文

『租税法判例実務解説』(共著)、『事業承継の法律実務と税務Q&A』(編著)、『アドバンス金融商品取引法』(共著)、『実務解説 会社法と企業会計・税務Q&A』(共著)、『実践LLPの法務・会計・税務』(共著)他論文多数

学生へのメッセージ

プロフェッショナルとして税法に向き合う場合、単に表面的に多数の規則を知っているのでは足りず、法の構造を踏まえた立体的な理解が求められます。理論を暗記し、計算方法を覚えるのにとどまらず、隅々まで調和がはかられるように設計されている税法の仕組みを理解し、その解釈・適用の面白さを感じていただきたいと思います。