教員紹介

小山 登  -KOYAMA NOBORU-

学生部長

小山 登 (こやま・のぼる)

専任教授/税理士

担当科目 税法会計/相続税法/消費税法/租税法事例研究/会計学研究指導(専門指導)
小山登

略歴

高千穂大学大学院経営学研究科博士後期課程単位取得後退学。早稲田大学大学院法務研究科「租税訴訟の補佐人制度に係わる税理士特設講座」修了。現在、税理士小山登事務所主宰。

著書・論文

「法人税法における益金・損金の認識基準に関する一考察.企業会計におけるIFRSの全面適用を視野に入れて.」『會計』「法人税法における「経営に従事」規程に関する一考察.使用人と役員の判定区分の問題」『税理』「役員給与課税に関する一考察.税務財務諸表を志向して.」『會計』「経営者会計論.財務会計と管理会計の統合.」(共著)、「簿記教本」(共著)など

学生へのメッセージ

現在、本会計大学院では、多くの職業会計人を目指す方々が研究を行なっています。本会計大学院での研究科目は、会計実務専門職として必須であります。この研究科目を修得するためには、多くの研究時間を必要とします。日々努力研究することで、将来に亘る会計実務に、大きな成果をもたらすことでしょう。