教員紹介

濱本 道正  -HAMAMOTO MICHIMASA-

濱本 道正 (はまもと・みちまさ)

特任教授/横浜国立大学名誉教授

担当科目 財務会計論/簿記論
濱本道正

略歴

横浜国立大学経済学部卒業。東京大学大学院経済学研究科博士課程単位修得退学。弘前大学専任講師などを経て2012年まで横浜国立大学経営学部・同大学院教授。この間、米国ミシガン大学ビジネススクール客員研究員、企業会計審議会臨時委員、公認会計士試験委員などを歴任。2012年4月埼玉学園大学教授。

著書・論文

『工事契約会計』(共著、2008年)
『企業会計と法制度』(共著、2011年)
「海運業のIFRS対応」(『企業会計』(2009年)
「国際会計基準をめぐる動向と建設業会計」(『建設業の経営』2010年)
「請負契約における収益認識について」(『企業会計』2011年)
「工事契約からみたIFRS収益認識モデルについて」(『青山経営論集』2013年)他論文多数

学生へのメッセージ

会計は、英語およびIT(情報技術)とともに「現代の三種の神器」にたとえられています。ビジネス社会で成功を収めるのに必要な知的装備なのです。グローバル化の波に翻弄される会計の現実を冷静に捉えながら、長い歴史のなかで培われてきた会計の本質を見る目を養ってほしいものです。