教員紹介

相川 聡志  -AIKAWA SATOSHI-

相川聡志 (あいかわ・さとし)

客員准教授/公認会計士・税理士

担当科目 監査手続論
相川聡志

略歴

明治大学商学部商学科卒業。新日本監査法人(現、新日本有限責任監査法人)を経て、相川公認会計士税理士事務所(現、愛宕山総合会計事務所)設立、株式会社アドバイザリーサービス設立、株式会社レクサス設立、清陽監査法人参加。日本公認会計士協会 中央財経大学(中国、北京)派遣団 副団長。

著書・論文

『不動産取引の会計・税務Q&A(新日本有限責任監査法人不動産業研究会編)』共著、『同族会社をめぐる税務相談(吉野昌年編)』共著、『会計処理ガイドブック(清陽監査法人編)』共著

学生へのメッセージ

会計監査は、監査論だけ知っていても全く役に立ちません。監査論に加えて、財務会計、税務会計、会計的思考、会計的センス、会社実務等を総合的に用いることで初めて有効な会計監査を実行することができます。広範な知識の習得とそれを有機的に結び付ける思考の癖を是非とも身につけて下さい。